研究費補助機関データベース管理システム

機関情報の詳細

機関ID 00000543
年度 2020年度
法人格 公益財団法人
機関名称 日本失明予防協会
機関名読み にほんしつめいよぼうきょうかい
機関英名 Japan National Society for theprevention of Blindness
郵便番号 113-0034
住所 東京都文京区湯島4-2-3 湯島Sビル3F
TEL 03-5615-9566
FAX 03-5615-9567
趣旨・経緯等 日本失明予防協会は、昭和60年に厚生省の許可を得て財団法人として発足。前身は(財)日本トラホーム予防協会である。その後いくつかの変遷をたどり、平成25年に国の法人制度改革により、公益財団法人日本失明予防協会として内閣府の認定を受けて現在に至っている。
国内外の失明原因の解明及び失明の予防並びにウイルス眼炎その他の眼感染症の予防及び研究に対して助成を行うほか、失明予防についての知識の普及と啓発を図り、もって国民の公衆衛生の向上に寄与することを目的とする。
URL
E-MAIL jnspb@shitumeiyobou.or.jp
役員 理事長 :増田 寛次郎
理事 :戸張 幾生
理事 :内田 明
理事 :落合 雅彦
理事 :小野 浩一
理事 :前田 利根
理事 :吉田 好徳
監事 :村上 晶
監事 :福下 公子
評議員 :今泉 信一郎
評議員 :入江 純二
評議員 :馬詰 良比古
評議員 :桶谷 宗克
評議員 :小暮 慎二
評議員 :澤 充
評議員 :松橋 正和
評議員 :福田 敏雅
事務局責任者 事務局長 :北沢 博之


助成金情報

助成金名称 一般研究助成事業
対象内容 失明予防に関する研究助成として、失明原因の究明並びに失明につながる眼疾患の予防、治療に関する有益な研究に対して研究助成金を交付し、これらの研究が円滑に進展するよう援助する。助成の対象は、眼科の分野に限らず、光学的分野、視覚リハビリテーションなど失明予防に関わりのある各分野の研究を対象とする。
対象研究者 実質的に研究活動に専念でき、研究全体について責任を持ち得る者。但し、2017年度以降において本研究助成制度により助成金を受けた者及び本会の役職員は除く。
募集時期 令和 2 年 3 月 23 日 より  令和 2年 7 月 31 日 まで
助成件数 1  件
助成金額 総額 100万円   1件あたりの上限金額 100万円
助成期間 令和3年2月1日から 令和4年1月31日までの 1 年間

助成金名称 留学研究助成事業
対象内容 日本の大学等で、眼科学の研究に従事することを希望する外国(主として東南アジア地域諸国)の研究者に対して、研究費・滞在費等を助成することにより、眼科医学の国際交流に資することを目的とする。
対象研究者 日本の大学等で、眼科学の研究に従事することを希望する外国(主として 東南アジア地域諸国)の若手研究者(令和2年4月1日現在40歳未満)。
募集時期 令和 2 年 3 月 23 日 より  令和 2年 5 月 31 日 まで
助成件数 1  件
助成金額 総額 100万円   1件あたりの上限金額 100万円
助成期間 令和2年10月1日から 令和3年9月30日までの 1 年間

このページのトップへ