研究費補助機関データベース管理システム

機関情報の詳細

機関ID 00000005
年度 2019年度
法人格 other
機関名称 ドイツ学術交流会(DAAD)
機関名読み どいつがくじゅつこうりゅうかい(でーあーあーでー)
機関英名 German Academic Exchange Service(ドイツ語:Deutscher Akademischer Austauschdienst)
郵便番号 107-0052
住所 東京都港区赤坂7-5-56 ドイツ文化会館内
TEL 03-3582-5962
FAX 03-3582-5554
趣旨・経緯等 DAADは設立以来、190万人を超える学生や研究者を国内外で支援してきました。現在は、ドイツの大学や学生組織による協会として運営されています。DAADの活動は、奨学金の支給だけにとどまりません。ドイツの大学の国際化の推進、国外でのドイツ学・ドイツ語教育の強化、発展途上国における大学設立の支援、教育政策、学術外交政策、開発政策の決定に際しての助言も行っています。
URL https://www.daad.jp/ja/
E-MAIL kurushima@daadjp.com
役員 所長 :ドロテア・マーンケ
事務局責任者 事務局責任者 :久留島


助成金情報

助成金名称 フィリップ・フランツ・フォン・シーボルト賞
対象内容 この賞は来年度もこれまで同様、日本とドイツ連邦共和国における文化および社会のよりよい相互理解に特別に貢献し、学問上すぐれた業績をあげ ている日本の研究者に授与される。
なお、本賞はアレクサンダー・フォン・ フンボルト財団の年次大会の際にドイツ連邦共和国大統領より授与される。
候補者を推薦できるのは、日本の各大学長のほかに、国立の研究機関 (国立研究開発法人)の理事長、これまでのシーボルト賞受賞者、日本の 各ゲーテ・インスティトゥートの所長,ドイツ日本研究所所長ならびに東京のドイツ連邦共和国大使と大阪の総領事。
元フンボルト研究奨学生および研究賞受賞者は日本の大学の学長ないし研究機関の長を通じて推薦することができる。
自薦は認められない。
対象研究者 学問上すぐれた業績をあげている日本人研究者。年齢は 50 歳未満である ことが望ましく、できるだけ十分なドイツ語知識のある方とする。
推薦の時点において5 年以上前から生活と仕事の主な拠点を日本においていること、かつ、受賞時にドイツにおいて無期雇用契約を結んでいないことが要件となる。
募集時期 2019 年 8 月 1 日 より 2019 年 12 月 2 日 まで
助成件数 1 件
助成金額 総額 5 万ユーロ
助成期間 1 年間(幾つかの期間に分けての滞在も可

このページのトップへ