研究費補助機関データベース管理システム

機関情報の詳細

機関ID 00000216
年度 平成30年度
法人格 一般社団法人
機関名称 日本損害保険協会
機関名読み にほんそんがいほけんきょうかい
機関英名 The General Insurance Association of Japan
郵便番号 101-0063
住所 東京都千代田区神田淡路町二丁目105番地 ワテラスアネックス 8階
TEL 03-3255-1369
FAX 03-3255-1227
趣旨・経緯等 損保協会は損害保険会社を会員とする事業者団体で、わが国における損害保険業の健全な発展及び信頼性の向上を図り、もって安心かつ安全な社会の形成に寄与することを目的としている。
URL http://www.sonpo.or.jp/
E-MAIL iken@sonpo.or.jp
役員 会長 :原 典之
他 :十数名
事務局責任者 専務理事 :堀 政良


助成金情報

助成金名称 2018年度 交通事故医療研究助成「特定研究」
対象内容 交通事故医療の研究に携わる医師等の研究者への援助を通じて、医療の進歩発展に寄与し、交通事故の被害者のより速やかな社会復帰を促進することを目的とします。2018年度は交通事故医療に関する下記の研究課題にかかる研究とします。


①交通事故発生から病院前救護、治療に至る「質の向上」に関する研究
課題の趣旨:
交通事故発生後24時間以内の死者数は2016年、2017年ともに4,000人を下回ったものの、24時間超の死者数は依然として年間5,000人以上になると推定される。さらなる予後改善をめざし、交通事故現場から医療機関に搬入されるまでの救護、治療等に関する研究を求める。


②中枢神経障害のリハビリテーション(特に記憶障害)に関する研究
課題の趣旨:
記憶障害は外傷性脳損傷による高次脳機能障害の中核的症状の一つであり、神経科学の進歩により記憶に関する神経基盤の知見が積み重ねられてきた。従来からの課題であるエピソード記憶や展望記憶だけでなく、手続き記憶や運動の記憶も含め、病態、活動・参加との関係、訓練効果に関する研究を求める。


③脊髄損傷治療における基礎研究および臨床的研究の統括に関する研究
課題の趣旨:
脊髄損傷治療の基礎研究は多岐であり、iPS細胞を用いた研究などを含め、動物モデルを使用した様々なアプローチで運動機能の回復が多数報告されている。一方では、臨床の現場では様々な手法によるリハビリテーションによる運動機能回復も報告されている。ヒトへの臨床応用を見据え、運動機能回復のための最適な組み合わせに関する研究を求める。
対象研究者 申請者は、交通外傷に携わる医師等の研究者(個人またはグループ)とします。
特定研究では研究を統括する責任者が研究代表者として申請すること。
募集時期 平成30年5月1日より30年6月15日まで
助成件数 6件~9件程度
助成金額 総額:3,000万円
1件あたりの上限金額:500万円
助成期間 1年間または2年間

助成金名称 交通事故医療一般研究
対象内容 交通事故医療の研究に携わる医師等の研究者への援助を通じて、医療の進歩発展に寄与し、交通事故の被害者のより速やかな社会復帰を促進することを目的とします。一般研究助成の対象は交通事故医療に関する臨床的研究とします。
対象研究者 申請者は、交通外傷に携わる医師等の研究者(個人またはグループ)とします。
なお、一般研究の採択者は後日、所属長の推薦書を提出いただくため、予め所属長の推薦を得ておくこと。
募集時期 平成 30年 5月 1日より 30年 6月 15日まで
助成件数 34件程度
助成金額 総額 3,400万円   1件あたりの上限金額 100万円
助成期間 1年間

このページのトップへ