研究費補助機関データベース管理システム

機関情報の詳細

機関ID 00000239
年度 平成30年度
法人格 公益財団法人
機関名称 磁気健康科学研究振興財団
機関名読み じきけんこうかがくけんきゅうしんこうざいだん
機関英名 Magnetic Health Science Fundation
郵便番号 810-0001
住所 福岡県福岡県福岡市中央区天神1-13-17
TEL 092-724-3605
FAX 092-724-3690
趣旨・経緯等 本財団は1994年5月に研究助成事業を目的として設立し、平成23年4月には公益財団法人として認定されました。
磁気を用いて健康の維持及び増進を図る科学(磁気健康科学)に関する基礎及び応用研究に対する助成、技術動向等の調査及び研究に対する助成、情報の収集及び提供等を行うことにより、磁気健康科学の発展を推進し、もって豊かな国民生活と我が国経済社会の発展に寄与することを目的としています。
さらに、設?30周?を迎える2024?にむけ、毎?「30周?記?事業」 の一環として研究期間を延長した「特別研究助成」を?い、2024 ? 3 月の記?式典での研究成果発表を予定しています。
URL http://www.maghealth.or.jp/
E-MAIL zai@maghealth.or.jp
役員 理事長 :小谷 誠
理事 :井出 英人
理事 :大久保 千代次
理事 :北村 唯一
理事 :渡邉 利三
監事 :青木 明人
監事 :土肥 健純
評議員 :岩坂 正和
評議員 :内川 義則
評議員 :川勝 真喜
評議員 :鈴木 基文
評議員 :関野 正樹
評議員 :多氣 昌生
評議員 :竹内 陽二
評議員 :武田 常廣
評議員 :龍岡 穂積
評議員 :根本 幾
事務局責任者 事務局長 :村上 智浩


助成金情報

助成金名称 第25回 研究助成
対象内容 ・磁気健康科学に関する基礎研究(テーマ自由)
 例えば、弱磁場から超強磁場までの磁場の生体への作用に関する基礎研究
・磁気健康科学に関する応用研究(テーマ自由)
 例えば、家庭用磁気治療器等を含む磁気の医療への応用研究
・磁気健康科学に関するテーマ指定研究
1.ヒト及び動植物レベルでの磁場作用のメカニズムの解明
2.免疫系と磁場との関連
3.循環系と磁場との関連
4.神経系と磁場との関連
5.血流と磁場との関連
対象研究者 大学・大学院(高等専門学校等の教育機関を含む)または研究機関等に属する者。
※前年度助成金受領者(前年度共同研究者含む)及び当財財団理事、評議員、審査 委員は除く。
※特に若い研究者の方々に研究代表者として応募されることを推奨いたします。
また、磁気以外の他分野でご活躍され生体磁気研究に初めて挑戦される方も歓迎 いたします。
募集時期 平成30年8月1日から平成30年11月20日まで
助成件数 設定なし
助成金額 総額:1000万円
1件あたりの上限金額:設定なし
助成期間 平成31年4月1日から1年間
※助成金使用期間も1年間となります。

助成金名称 30周年記念事業 特別研究助成
対象内容 磁気健康科学に対する将来貢献度が高く、実社会との関連性がある以下の研究
・磁気健康科学に関する基礎研究(テーマ自由)
 例えば、弱磁場から超強磁場までの磁場の生体への作用に関する基礎研究
・磁気健康科学に関する応用研究(テーマ自由)
 例えば、家庭用磁気治療器等を含む磁気の医療への応用研究
・磁気健康科学に関するテーマ指定研究
1.ヒト及び動植物レベルでの磁場作用のメカニズムの解明
2.免疫系と磁場との関連
3.循環系と磁場との関連
4.神経系と磁場との関連
5.血流と磁場との関連
対象研究者 大学・大学院(高等専門学校等の教育機関を含む)または研究機関等に属する者。
前年度助成金受領者(前年度共同研究者含む)可。
※当財団理事、評議員、審査委員は除く。
※特に若い研究者の方々に研究代表者として応募されることを推奨いたします。
また、磁気以外の他分野でご活躍され生体磁気研究に初めて挑戦される方も歓迎いたします。
募集時期 平成30年8月1日から平成30年11月20日まで
助成件数 1件
助成金額 総額:500万円
1件あたりの上限金額:500万円
助成期間 平成31年4月1日から3年間
※助成金使用期間も3年間となります。

このページのトップへ