研究費補助機関データベース管理システム

機関情報の詳細

機関ID 00000246
年度 平成29年度
法人格 財団法人
機関名称 公益財団法人 日本ユニフォームセンター
機関名読み こうえきざいだんほんじん にっぽんゆにふぉーむせんたー
機関英名 Public Interest Incorporated Foundation Nippon Uniform Center
郵便番号 107-0051
住所 東京都港区元赤坂1-4-21
TEL 03-3401-2111
FAX 03-3402-2667
趣旨・経緯等 <経緯>
当法人は昭和37年の設立以来、一貫して「ユニフォームの改善改良」と啓蒙普及の為の諸事業活動を行ってまいりました。35周年を迎えた平成9年度より新たな事業として、ユニフォームに関する諸研究の推進と活性化を図る為、公募による助成制度を設け、本年度が第21回目の公募となります。当法人は、2011年に内閣府より公益認定を受け、公益財団としてより多くの方々に役立つ研究を支援して参ります。
<目的>
ユニフォームに関わる諸研究の助成を行うことにより、働きやすく・快適なユニフォーム作りの推進と研究活動の活性化を図り、国民の厚生福祉に寄与することを目的としています。
URL http://www.nuc.or.jp
E-MAIL kenkyu@nuc.or.jp
役員 理事長 :石井 銀二郎
事務局責任者


助成金情報

助成金名称 研究助成
対象内容 1.募集テーマ
以下の指定募集テーマのうちいずれかを選択して下さい。

A)地球温暖化防止につながるユニフォームに関わる研究
  A-1  クールビズの効果全般に関わる研究
  A-2 制服を着用する人(警察官、消防官、自衛隊員、鉄道事業従事者など)の暑熱対策・清涼化対策に関わる研究
  A-3 その他、地球温暖化防止全般に関するユニフォーム関連の研究

B)防災・セキュリティに関連するユニフォームの研究
  B-1 素材、機能性、デザイン面から見た災害時に役立つユニフォームの研究
  B-2 IT技術によるユニフォーム管理・セキュリティ強化に関する研究
  B-3 防災におけるユニフォームの役割に関する研究
  B-4 その他、防災・セキュリティ全般に関するユニフォーム関連の研究

C)オリンピック・パラリンピックに関連するユニフォームの研究
  C-1 2020年の東京オリンピック、パラリンピック成功のためのユニフォームの役割の研究
     (参考例:素材、デザイン面、機能性、識別性、管理方法、セキュリティ面など、
      それぞれの視点から見た日本代表選手団及びオリンピック関連機関(ボランティアや協会)
      で着用されるべきユニフォームの研究など)
  C-2 オリンピック・パラリンピック運営におけるユニフォームの役割に関する研究
  C-3 その他、オリンピック・パラリンピック全般に関するユニフォーム関連の研究

D)諸外国におけるユニフォームの調査
  D-1 各国におけるユニフォームの流通経路、調達方法、市場規模と、着用させる人、着用者の意識調査
  D-2 各国における、ユニフォーム最新技術(耐熱、保温、防水、反射材の装備状況、放射線・化学物質防護対策等)の実情調査
  D-3 その他、諸外国におけるユニフォーム情報全般に関する調査

E) 職場における女性活躍促進などに関するユニフォームの調査研究

2.応募方法
・本財団規定用紙にて申請してください。
・所定の申請用紙に必要事項を記入の上、事務局へ郵送して下さい。メールでの応募申請をご希望の方は当事務局までご連絡ください。
・申請用紙は当財団ホームページ(http://www.nuc.or.jp/investigation/index.html)からダウンロード、または当事務局までご連絡ください。こちらよりメールにて送信いたします。
対象研究者 ユニフォームに関する諸研究全般に取り組んでいる個人及びグループ。
(大学・専門学校などの教職員・学生・研究生及び一般)
募集時期 平成29 年7月1日より29 年11 月30 日まで
助成件数 1~2 件
助成金額 総額 200万 円   1件あたりの上限金額 100万円
助成期間 1 年間

このページのトップへ