研究費補助機関データベース管理システム

機関情報の詳細

機関ID 00010340
年度 平成29年度
法人格 社団法人
機関名称 一般社団法人Jミルク内「牛乳乳製品健康科学会議」
機関名読み いっぱんしゃだんほうじんじぇいみるくないぎゅうにゅうにゅうせいひんけんこうかがくかいぎ
機関英名 Japan Diary Association (J-milk), Dairy Products Health Science Council
郵便番号 104-0045
住所 東京都中央区築地4-7-1 築地三井ビル5階
TEL 03-6226-6352
FAX 03-6226-6354
趣旨・経緯等 「牛乳乳製品健康科学会議」は、一般社団法人Jミルクと共同して、牛乳乳製品の価値向上に繋がる医学・栄養学・食品科学・体育学等の分野の課題を学術的に解明するため、研究者ないし研究グループから調査・研究テーマを募集し、審査・選考の上、調査・研究を委託し、その成果を公表することにより、牛乳乳製品の価値向上に資するものとする。
URL http://www.j-milk.jp/ http://m-alliance.j-milk.jp/index.html
E-MAIL h-sano@j-milk.jp
役員 代表幹事 :折茂 肇
副代表幹事 :中村 丁次
幹事 :桑田 有
幹事 :清水 誠
幹事 :川原 貴
幹事 :下条 直樹
幹事 :細井 孝之
幹事 :大日向 耕作
幹事 :齋藤 忠夫
幹事 :小川 純人
事務局責任者 事務局長 :佐野 晴彦


助成金情報

助成金名称 平成30年度「牛乳乳製品健康科学」学術研究の公募
対象内容 <研究テーマ> 最近の社会的課題や研究ニーズに対応したテーマに関する研究
①スポーツにおける牛乳乳製品の栄養的意義に関する研究
スポーツにおける牛乳乳製品の栄養的意義について、幅広い内容にて研究を公募する。特に、アスリートや発育期のスポーツにおける牛乳乳製品の意義に関する研究。
キーワード: アスリート、発育期のスポーツ、トレーニング、体力(筋力、持久力など)、パフォーマンス、体調、易感染性、疲労回復、疲労骨折、月経異常、減量、増量、栄養バランス、熱中症予防
②牛乳乳製品が免疫機能に及ぼす影響に関する研究
牛乳乳製品あるいはその成分の免疫機能に及ぼす影響に関する基礎的・臨床的研究。特に、牛乳を摂取した際の免疫指標の変化に関する網羅的、探索的な研究(単一の牛乳成分についての研究も対象とする)。
キーワード: 免疫機能調節、免疫指標、自然免疫、免疫寛容、免疫不全、アレルギー、感染防御、抗炎症、腸内環境
③牛乳乳製品とメンタルヘルスに関する研究
牛乳乳製品による「抗ストレス」「抗疲労」「抑うつ」などの効果に関する研究。
キーワード: 睡眠、リラックス、認知機能、生体リズム、時間栄養学抗ストレス、抗疲労、抑うつ、異常行動、非社会的行動、発達障害、ADHD、自閉症、メンタルヘルス、脳腸相関、健康心理、心身の健康、労働衛生、(高齢者の)生きがい、眼精疲労、更年期うつ、ヘルスリテラシー、食育
④牛乳乳製品と高齢者の栄養代謝障害に関する研究
低栄養(フレイル、サルコペニア、ロコモティブシンドローム)、過栄養(肥満、メタボリックシンドローム、糖尿病)、高齢者に特異的な疾患(認知症など)に関する疫学研究、基礎研究、介入研究。
http://m-alliance.j-milk.jp/koubo/2018/H30_kenko.html
(公募の詳細に関するHP)
対象研究者 国内の大学及び短期大学、専修学校、国・地方公共団体の設置する研究所、独立行政法人の研究機関等で学術研究を行っている研究者等(大学院生含む)、またはこれに付随する研究を行っている個人の研究者等とする。
募集時期 平成 29年 10月 1日より 29年 12月 31日まで
助成件数 15 件程度
助成金額 総額 2,250万円   1件あたりの上限金額  150万円
助成期間 原則として1 年間。 研究の内容によっては、最長3年間まで認める。

このページのトップへ