研究費補助機関データベース管理システム

機関情報の詳細

機関ID 00000820
年度 平成28年度
法人格 一般財団法人
機関名称 東京顕微鏡院
機関名読み とうきょうけんびきょういん
機関英名
郵便番号 102-8288
住所 東京都千代田区九段南4-8-32
TEL 03-5210-6651
FAX
趣旨・経緯等 【予防医療の先見的業績を表彰】
一般財団法人東京顕微鏡院と医療法人社団こころとからだの元氣プラザは、創業者で初代院長、医学博士遠山椿吉の公衆衛生と予防医療の分野における業績を記念した遠山椿吉賞の平成29年度の募集を4月1日に開始します。
今年度は予防医療の領域において、ひとびとの危険を除き、命を守るために、先駆的かつグローバルな視点で優秀な業績をあげた個人または研究グループに対し、賞状、記念品及び副賞金100万円を贈呈いたします。
また、優秀な研究成果をあげており、これからの可能性が期待できる50歳未満の応募者(年齢は応募時点)に対し、研究の更なる発展を奨励する目的で「山田和江賞」を設け、顕彰します。
「山田和江賞」の受賞は将来の「遠山椿吉賞」の応募・受賞を妨げるものではありません。
URL http://www.kenko-kenbi.or.jp/
E-MAIL mito@kenko-kenbi.or.jp
役員 理事長 :山田 匡通


助成金情報

助成金名称 遠山椿吉記念 第5回 食と環境の科学賞
対象内容 公衆衛生の領域において、ひとびとの危険を除き、命を守るために、先駆的かつグローバルな視点で優秀な業績をあげた個人または研究グループを表彰します。平成20年度より募集を行い、隔年で選考顕彰しております。

平成28年度は、「食品の安全」「食品衛生」「食品の機能」「食品媒介の感染症・疾患」「生活環境衛生」を重点課題とします。
食品の安全 : たとえば、食品媒介微生物、残留化学物質、天然有毒・有害物質、食品添加物、食物アレルギー、器具・容器包装などに関する調査研究やこれらの分析法の開発、食品中の放射能汚染など、食品の安全に関わるものなどです。
食品の機能:たとえば、食品の機能性成分に関する研究や、これらの分析方法の開発 などです。
生活環境衛生 : たとえば、シックハウス、アスベストやダニ、カビなど室内環境、大気汚染、ビル衛生、飲料水の安全性、水と感染症の問題などです。
対象研究者 日本を拠点に活動する個人の研究者または研究グループ
平成27年度より、50歳未満の応募者に対し、優秀な研究成果を顕彰するとともに、研究の更なる発展を奨励する目的で「山田和江賞」を設け、毎年、賞状および賞金を贈呈し、顕彰することとなりました。
募集時期 平成28年 4月 1日より 28年 6月 30日まで
助成件数 2件
助成金額 総額 150万円   1件あたりの上限金額 100万円
(遠山椿吉賞本賞:副賞として100万円。山田和江賞:副賞として50万円)
助成期間

助成金名称 遠山椿吉記念 第5回 健康予防医療賞
対象内容 予防医療の領域において、ひとびとの危険を除き、命を守るために、先駆的かつグローバルな視点で優秀な業績をあげた個人または研究グループを表彰します。平成21年度より募集を行い、隔年で選考顕彰しております。
応募書類:所定の応募・推薦用紙、受賞候補者略歴、業績一覧、原著論文

平成29年度は、将来の予防医療のテーマに先見的に着手したものを重点課題とします。
たとえば、「近い将来の健康診査の方法論を変えるようなもの」「健康診査の受診の機会を高め、医療経済面での効果がみられ、健康診査の精度向上に資するもの」「認知症の予防と進行の遅延に関する研究など、超高齢社会構造における予防医療に関するもの」「公衆衛生の発展、疫学研究に資するもの」「こころの健康づくりにおける研究」「性差医療に関するもの」などです。
対象研究者 日本を拠点に活動する個人の研究者または研究グループ
募集時期 平成29年4月1日より29年6月30日まで
助成件数 2件
助成金額 総額:150万円
1件あたりの上限金額:100万円
(遠山椿吉賞本賞:副賞として100万円。山田和江賞:副賞として50万円)
助成期間

このページのトップへ