UMIN-CTR 臨床試験登録情報の閲覧

BACK TOP
UMIN-CTR ホーム 用語の説明(簡易版) FAQ お問い合わせ

利用者名
UMIN ID

試験進捗状況 一般募集中/Open public recruiting
UMIN試験ID UMIN000048149
受付番号 R000054870
科学的試験名 会話による認知活動支援方法の開発
一般公開日(本登録希望日) 2022/06/24
最終更新日 2022/06/24

※ 本ページ収載の情報は、臨床試験に関する情報公開を目的として、UMINが開設しているUMIN臨床試験登録システムに提供された臨床試験情報です。
※ 特定の医薬品や治療法等については、医療関係者や一般の方に向けて広告することは目的としていません。


基本情報/Basic information
一般向け試験名/Public title 会話による認知活動支援方法の開発 Development of cognitive intervention method through group conversation
一般向け試験名略称/Acronym 会話による認知活動支援方法の開発 Development of cognitive intervention method through group conversation
科学的試験名/Scientific Title 会話による認知活動支援方法の開発 Development of cognitive intervention method through group conversation
科学的試験名略称/Scientific Title:Acronym 会話による認知活動支援方法の開発 Development of cognitive intervention method through group conversation
試験実施地域/Region
日本/Japan

対象疾患/Condition
対象疾患名/Condition 健常高齢者及び認知機能低下者(介護施設利
用者含む)
Healthy older adults and person with cognitive impairments (including long-term care users)
疾患区分1/Classification by specialty
神経内科学/Neurology 老年内科学/Geriatrics
精神神経科学/Psychiatry
疾患区分2/Classification by malignancy 悪性腫瘍以外/Others
ゲノム情報の取扱い/Genomic information いいえ/NO

目的/Objectives
目的1/Narrative objectives1 高齢者のグループ会話による社会的交流の支援手法を開発することを目的とする。 The purpose of this study is to develop a support method for social activity through group conversations among older adults.
目的2/Basic objectives2 その他/Others
目的2 -その他詳細/Basic objectives -Others 具体的には、本研究課題では、(1)介入を実施し、中長期の介入実施の効果や介入の実施可能性や社会的実装可能性を探索する、(2)介入手法の開発及び展開に向けて会話や認知機能データから要因分析等、解析を行い知見を蓄積する。 Specifically, (1)preliminary interventions to explore the effects of medium to long-term intervention and the feasibility of intervention for older adults, and (2)data analysis to accumulate knowledges for the development of intervention methods, by analyzing data including conversation and neuropsychological data.
試験の性質1/Trial characteristics_1 探索的/Exploratory
試験の性質2/Trial characteristics_2 その他/Others
試験のフェーズ/Developmental phase 該当せず/Not applicable

評価/Assessment
主要アウトカム評価項目/Primary outcomes 認知機能検査】
*対面で行う場合(社会情勢により対面か決定)
・Montreal Cognitive Assessment(MoCA)
・Mini Mental State Examination(MMSE)
・WMS-Rウエクスラー記憶検査, 論理的記憶Ⅰ,Ⅱ
・Advanced Trail Making Test(ATMT)
・Digit span
・Digit symbol
・言語流暢性課題

*非接触で行う場合
・TICS-J
・言語流暢性課題
・Digit span

【評価時期】
介入前後、介入中1年毎
*Cognitive test
Face-to-face test (depending on the social situation)
-Montreal Cognitive Assessment(MoCA)
-Mini Mental State Examination(MMSE)
-WMS-R Logical memory i,ii
-Advanced Trail Making Test(ATMT)
-Digit span
-Digit symbol
-Verbal fluency test

Remote test
-TICS-J
-Verbal fluency test
-Digit span

*Evaluation
Pre, post-intervention, and once a year during the intervention
副次アウトカム評価項目/Key secondary outcomes 【質問紙調査】
・The WHO Quality of Life questionnaire 26
・The Japanese version of the Geriatric Depression Scale short form
・The Tokyo Metropolitan Institute of Gerontology-Index of Competence
・Multidimensional scale of perceived social support
・UCLA loneliness
・WHO 5

【評価時期】
介入前後、介入中1年毎

※上記の他、対象属性(質問紙、脳構造データ)や会話データ等を適宜収集する。
*Questionnaires
-The WHO Quality of Life questionnaire 26
-The Japanese version of the Geriatric Depression Scale short form
-The Tokyo Metropolitan Institute of Gerontology-Index of Competence
-Multidimensional scale of perceived social support
-UCLA loneliness
-WHO 5
*Evaluation
Pre, post-intervention, and once a year during the intervention

In addition to the above, we collect characteristics (questionnaire, brain structure data) and conversation data, etc. as appropriate.

基本事項/Base
試験の種類/Study type 介入/Interventional

試験デザイン/Study design
基本デザイン/Basic design 単群/Single arm
ランダム化/Randomization 非ランダム化/Non-randomized
ランダム化の単位/Randomization unit
ブラインド化/Blinding オープン/Open -no one is blinded
コントロール/Control 無対照/Uncontrolled
層別化/Stratification
動的割付/Dynamic allocation
試験実施施設の考慮/Institution consideration
ブロック化/Blocking
割付コードを知る方法/Concealment

介入/Intervention
群数/No. of arms 1
介入の目的/Purpose of intervention 予防・検診・検査/Prevention
介入の種類/Type of intervention
行動・習慣/Behavior,custom
介入1/Interventions/Control_1 約30分間、参加者が事前に撮影した写真をもとにした/あるいは自由討議によるグループ会話を行う。 Intervention program includes around 30 minutes of group conversation (face-to-face or remote) with/without pictures that participants prepared.
介入2/Interventions/Control_2

介入3/Interventions/Control_3

介入4/Interventions/Control_4

介入5/Interventions/Control_5

介入6/Interventions/Control_6

介入7/Interventions/Control_7

介入8/Interventions/Control_8

介入9/Interventions/Control_9

介入10/Interventions/Control_10


適格性/Eligibility
年齢(下限)/Age-lower limit
65 歳/years-old 以上/<=
年齢(上限)/Age-upper limit

適用なし/Not applicable
性別/Gender 男女両方/Male and Female
選択基準/Key inclusion criteria -同意取得後、指定された期日に介入及び必要な検査が実施可能な者
-本研究参加にあたり、本人の同意が文書で得られる者
-Persons who can intervene and perform necessary tests on the specified date
-Persons who can provide their consent.
除外基準/Key exclusion criteria -深刻な疾病等により参加が困難な者
(入院患者等)
-Persons who have difficulty participating due to serious illness (eg., hospitalization)
目標参加者数/Target sample size 100

責任研究者/Research contact person
責任研究者/Name of lead principal investigator
美保子
ミドルネーム
大武
Mihoko
ミドルネーム
Otake-Matsuura
所属組織/Organization 国立研究開発法人理化学研究所 RIKEN
所属部署/Division name 革新知能統合研究センター Center for Advanced Intelligence Project
郵便番号/Zip code 103-0027
住所/Address 東京都中央区日本橋1丁目4-1 日本橋三井ビルディング15階 Nihonbashi 1-chome Mitsui Building, 15th floor, 1-4-1 Nihonbashi, Chuo-ku, Tokyo 103-0027, Japan
電話/TEL 0362252482
Email/Email mihoko.otake@riken.jp

試験問い合わせ窓口/Public contact
試験問い合わせ窓口担当者/Name of contact person
美保子
ミドルネーム
大武
Mihoko
ミドルネーム
Otake-Matsuura
組織名/Organization 国立研究開発法人理化学研究所 RIKEN
部署名/Division name 革新知能統合研究センター Center for Advanced Intelligence Project
郵便番号/Zip code 103-0027
住所/Address 東京都中央区日本橋1丁目4-1 日本橋三井ビルディング15階 Nihonbashi 1-chome Mitsui Building, 15th floor, 1-4-1 Nihonbashi, Chuo-ku, Tokyo 103-0027, Japan
電話/TEL 0362252482
試験のホームページURL/Homepage URL
Email/Email mihoko.otake@riken.jp

実施責任組織/Sponsor
機関名/Institute 国立研究開発法人理化学研究所 RIKEN Center for Advanced Intelligence Project
機関名/Institute
(機関選択不可の場合)

部署名/Department

研究費提供組織/Funding Source
機関名/Organization 国立研究開発法人理化学研究所 RIKEN Center for Advanced Intelligence Project
機関名/Organization
(機関選択不可の場合)

組織名/Division
組織の区分/Category of Funding Organization その他/Other
研究費拠出国/Nationality of Funding Organization


その他の関連組織/Other related organizations
共同実施組織/Co-sponsor

その他の研究費提供組織/Name of secondary funder(s)


IRB等連絡先(公開)/IRB Contact (For public release)
組織名/Organization 理化学研究所安全管理部生物安全課 RIKEN
住所/Address 埼玉県和光市広沢2-1 2-1 Hirosawa, Wako, Saitama, 351-0198, Japan
電話/Tel 050-3500-7242
Email/Email human@riken.jp

他機関から発行された試験ID/Secondary IDs
他機関から発行された試験ID/Secondary IDs いいえ/NO
試験ID1/Study ID_1
ID発行機関1/Org. issuing International ID_1

試験ID2/Study ID_2
ID発行機関2/Org. issuing International ID_2

治験届/IND to MHLW

試験実施施設/Institutions
試験実施施設名称/Institutions

その他の管理情報/Other administrative information
一般公開日(本登録希望日)/Date of disclosure of the study information
2022 06 24

関連情報/Related information
プロトコル掲載URL/URL releasing protocol
試験結果の公開状況/Publication of results 未公表/Unpublished

結果/Result
結果掲載URL/URL related to results and publications
組み入れ参加者数/Number of participants that the trial has enrolled
主な結果/Results

主な結果入力日/Results date posted
結果掲載遅延/Results Delayed
結果遅延理由/Results Delay Reason

最初の試験結果の出版日/Date of the first journal publication of results
参加者背景/Baseline Characteristics

参加者の流れ/Participant flow

有害事象/Adverse events

評価項目/Outcome measures

個別症例データ共有計画/Plan to share IPD 論文発表後、論文中の結果に関わるデータを共有する方針をとる。 Individual participant data that underline the results in the article after deidentification, will be available after publication.
個別症例データ共有計画の詳細/IPD sharing Plan description 論文中の結果に関わる匿名化データ及びドキュメント(研究プロトコル)を共有する。
上記の共有は論文掲載後に開始し、無期限とする。
方法論的に健全な提案を提供する研究者が行う、既承認のプロポーサルに基づき研究目的を達成することを目的とした研究に対して本データの共有を行う。
データ利用希望者は、研究計画を研究責任者(大武美保子)まで直接メールで連絡する。
申請者はデータ受理の際、データ授受契約書にサインを行う。
第三者機関(理化学研究所データベース、国立国語研究所リポジトリ、NIIの情報学研究データリポジトリ等)での公表を現在検討中である。
Individual participant data and the document (study protocol) that underline the results in the article after deidentification, will be available.

The data sharing will begin following article publication.No end date.

The researchers who provide a methodologically sound proposal can access the data to achieve the aims in the approved proposal.

Proposals should be directed to the email of the principal investigator (Mihoko Otake-Matsuura).
To gain access, data requestors will need to sign a data access agreement.

The data is being considered for availability at third-party registrations. (eg., database of RIKEN, National Institute for Japanese Language and Linguistics, and Informatics Research Data Repository).

試験進捗状況/Progress
試験進捗状況/Recruitment status 一般募集中/Open public recruiting
プロトコル確定日/Date of protocol fixation
2018 02 05
倫理委員会による承認日/Date of IRB
2018 02 05
登録・組入れ開始(予定)日/Anticipated trial start date
2018 02 05
フォロー終了(予定)日/Last follow-up date
2026 03 31
入力終了(予定)日/Date of closure to data entry
データ固定(予定)日/Date trial data considered complete
解析終了(予定)日/Date analysis concluded

その他/Other
その他関連情報/Other related information


管理情報/Management information
登録日時/Registered date
2022 06 24
最終更新日/Last modified on
2022 06 24


閲覧ページへのリンク/Link to view the page
URL(日本語) https://center6.umin.ac.jp/cgi-open-bin/ctr/ctr_view.cgi?recptno=R000054870
URL(英語) https://center6.umin.ac.jp/cgi-open-bin/ctr_e/ctr_view.cgi?recptno=R000054870

研究計画書
登録日時 ファイル名

研究症例データ仕様書
登録日時 ファイル名

研究症例データ
登録日時 ファイル名


UMIN臨床試験登録システムのご使用に関するお問い合わせは、こちらのお問い合わせフォーム からお願いいたします。それ以外のお問い合わせは、 こちら よりお願い致します。