UMIN-CTR 臨床試験登録情報の閲覧

BACK TOP
UMIN-CTR ホーム 用語の説明(簡易版) 用語の説明(詳細版)--準備中 FAQ

利用者名:
UMIN ID:

試験進捗状況 試験終了/Completed
UMIN試験ID UMIN000035020
受付番号 R000039932
科学的試験名 ネオアンチゲン・ペプチドを抗原とした樹状細胞療法の安全性評価
一般公開日(本登録希望日) 2018/11/27
最終更新日 2021/12/21

※ 本ページ収載の情報は、臨床試験に関する情報公開を目的として、UMINが開設しているUMIN臨床試験登録システムに提供された臨床試験情報です。
※ 特定の医薬品や治療法等については、医療関係者や一般の方に向けて広告することは目的としていません。


基本情報/Basic information
一般向け試験名/Public title ネオアンチゲン・ペプチドを抗原とした樹状細胞療法の安全性評価 Safety assessment of neoantigen peptides-loaded dendritic cell vaccination therapy.
一般向け試験名略称/Acronym ネオアンチゲン樹状細胞療法 Vaccination with neoantigen-loaded DCs
科学的試験名/Scientific Title ネオアンチゲン・ペプチドを抗原とした樹状細胞療法の安全性評価 Safety assessment of neoantigen peptides-loaded dendritic cell vaccination therapy.
科学的試験名略称/Scientific Title:Acronym ネオアンチゲン樹状細胞療法 Vaccination with neoantigen-loaded DCs
試験実施地域/Region
日本/Japan

対象疾患/Condition
対象疾患名/Condition 悪性腫瘍(白血病を除く) Malignant tumor (except leukemia)
疾患区分1/Classification by specialty
内科学一般/Medicine in general 消化器内科学(消化管)/Gastroenterology
消化器内科学(肝・胆・膵)/Hepato-biliary-pancreatic medicine 循環器内科学/Cardiology
呼吸器内科学/Pneumology 内分泌・代謝病内科学/Endocrinology and Metabolism
腎臓内科学/Nephrology 神経内科学/Neurology
外科学一般/Surgery in general 消化器外科(消化管)/Gastrointestinal surgery
消化器外科(肝・胆・膵)/Hepato-biliary-pancreatic surgery 呼吸器外科学/Chest surgery
内分泌外科学/Endocrine surgery 乳腺外科学/Breast surgery
産婦人科学/Obsterics and gynecology 小児科学/Pediatrics
眼科学/Ophthalmology 皮膚科学/Dermatology
耳鼻咽喉科学/Oto-rhino-laryngology 泌尿器科学/Urology
口腔外科学/Oral surgery 脳神経外科学/Neurosurgery
疾患区分2/Classification by malignancy 悪性腫瘍/Malignancy
ゲノム情報の取扱い/Genomic information はい/YES

目的/Objectives
目的1/Narrative objectives1 安全性 Safety
目的2/Basic objectives2 安全性/Safety
目的2 -その他詳細/Basic objectives -Others

試験の性質1/Trial characteristics_1
試験の性質2/Trial characteristics_2
試験のフェーズ/Developmental phase 第Ⅰ・Ⅱ相/Phase I,II

評価/Assessment
主要アウトカム評価項目/Primary outcomes 安全性 Safety
副次アウトカム評価項目/Key secondary outcomes 有効性 Efficacy

基本事項/Base
試験の種類/Study type 介入/Interventional

試験デザイン/Study design
基本デザイン/Basic design 単群/Single arm
ランダム化/Randomization 非ランダム化/Non-randomized
ランダム化の単位/Randomization unit
ブラインド化/Blinding オープン/Open -no one is blinded
コントロール/Control 無対照/Uncontrolled
層別化/Stratification
動的割付/Dynamic allocation
試験実施施設の考慮/Institution consideration
ブロック化/Blocking
割付コードを知る方法/Concealment

介入/Intervention
群数/No. of arms 1
介入の目的/Purpose of intervention 治療・ケア/Treatment
介入の種類/Type of intervention
ワクチン/Vaccine
介入1/Interventions/Control_1 ネオアンチゲン・ペプチド標識(自己)樹状細胞 neoantigen peptides-loaded (autologous) dendritic cells
介入2/Interventions/Control_2

介入3/Interventions/Control_3

介入4/Interventions/Control_4

介入5/Interventions/Control_5

介入6/Interventions/Control_6

介入7/Interventions/Control_7

介入8/Interventions/Control_8

介入9/Interventions/Control_9

介入10/Interventions/Control_10


適格性/Eligibility
年齢(下限)/Age-lower limit
12 歳/years-old 以上/<=
年齢(上限)/Age-upper limit
85 歳/years-old 以下/>=
性別/Gender 男女両方/Male and Female
選択基準/Key inclusion criteria ・Performance Status (ECOG) 0-2の症例

・適格性確認時に主要臓器に高度な機能障害がない症例、具体的には適格性確認時に以下の基準を満たしている症例

1. ヘモグロビン 8.0 g/dl 以上
2. 血小板 50.000 /mm3 以上
3. 総ビリルビン 3 x ULN 以下
4. AST/ALT 3 x ULN 以下
5. クレアチニン 3 x ULN 以下

・切除・生検等により自己腫瘍組織の入手が可能で、ネオアンチゲン探索のための事前検査およびその結果に基づく治療・研究に対する同意が得られた症例

・インフォームド・コンセントが行える精神状態・理解能力と参加の意志を持つ症例
A patient must:

- have ECOG Performance Status of 0, 1 and 2.

- maintain adequate function of key organs when the eligibility is confirmed, in particular:

1. haemoglobin 8.0 g/dl or more
2. platelet 50.000 /mm3 or more
3. total bilirubin 3 x ULN or more
4. AST/ALT 3 x ULN or less
5. creatinine 3 x ULN or less

- provide written consent for genetic analysis of tumor sample; neoantigen-screening analysis, and for treatment of those neoantigens-loaded DC vaccination.

- have a proper mental condition and an ability to recognize the object and contents of the study when informed consent is obtained.


除外基準/Key exclusion criteria ・Leukapheresisによる採血が実施困難と判断された症例

・HIVが陽性と判断された症例

・活動性の自己免疫疾患を発症している症例

・重篤な基礎疾患を有する症例

・妊婦または適格性確認時に妊娠を希望している症例

・その他、担当医師が被験者として適切ではないと判断した症例
A patient must not:

- be impossible to obtain blood sample by Leukapeheresis.

- be positive in HIV antibody test.

- have active auto-immune disorder.

- have serious underlying disease.

- be pregnant (including pregnancy seeker)

- be judged ineligibles by clinician in this trial.
目標参加者数/Target sample size 20

責任研究者/Research contact person
責任研究者/Name of lead principal investigator
啓司
ミドルネーム
谷川
Keishi
ミドルネーム
Tanigawa
所属組織/Organization 医療法人社団ビオセラ会 Bio-Thera Kai,Non-profit medicalcorporation
所属部署/Division name ビオセラクリニック Bio-Thera Clinic
郵便番号/Zip code 1600022
住所/Address 東京都新宿区新宿5-6-12 5-6-12 Shinjyuku, Sinjyukuku, Tokyo 1600055 Japan
電話/TEL 03-5919-1762
Email/Email tanigawa@bio-c.jp

試験問い合わせ窓口/Public contact
試験問い合わせ窓口担当者/Name of contact person
泰信
ミドルネーム
小林
Yasunobu
ミドルネーム
Kobayashi
組織名/Organization 医療法人社団ビオセラ会 Bio-Thera Kai,Non-profit medicalcorporation
部署名/Division name ビオセラクリニック Bio-Thera Clinic
郵便番号/Zip code 1600022
住所/Address 東京都新宿区新宿5-6-12 5-6-12 Shinjyuku, Sinjyukuku, Tokyo 1600055 Japan
電話/TEL 03-5919-1762
試験のホームページURL/Homepage URL
Email/Email ykobayashi@bio-c.jp

実施責任組織/Sponsor
機関名/Institute その他 Bio-Thera Clinic
機関名/Institute
(機関選択不可の場合)
ビオセラクリニック
部署名/Department

研究費提供組織/Funding Source
機関名/Organization 無し none
機関名/Organization
(機関選択不可の場合)
無し
組織名/Division
組織の区分/Category of Funding Organization 自己調達/Self funding
研究費拠出国/Nationality of Funding Organization


その他の関連組織/Other related organizations
共同実施組織/Co-sponsor

その他の研究費提供組織/Name of secondary funder(s)


IRB等連絡先(公開)/IRB Contact (For public release)
組織名/Organization ビオセラクリニック認定再生医療等委員会 Bio-Thera Clinic IRB
住所/Address 東京都新宿区新宿5-6-12 5-6-12 Shinjyuku, Shinjyuku-ku, Tokyo 1600022 Japan
電話/Tel 0359191761
Email/Email info@bio-c.jp

他機関から発行された試験ID/Secondary IDs
他機関から発行された試験ID/Secondary IDs いいえ/NO
試験ID1/Study ID_1
ID発行機関1/Org. issuing International ID_1

試験ID2/Study ID_2
ID発行機関2/Org. issuing International ID_2

治験届/IND to MHLW

試験実施施設/Institutions
試験実施施設名称/Institutions

その他の管理情報/Other administrative information
一般公開日(本登録希望日)/Date of disclosure of the study information
2018 11 27

関連情報/Related information
プロトコル掲載URL/URL releasing protocol
試験結果の公開状況/Publication of results 未公表/Unpublished

結果/Result
結果掲載URL/URL related to results and publications
組み入れ参加者数/Number of participants that the trial has enrolled 19
主な結果/Results ・ネオアンチゲン樹状細胞ワクチンは安全に施行可能と考えられた。

・ネオアンチゲン樹状細胞療法は、ネオアンチゲンに対する免疫を誘導すると考えられた。
Neoantigen DCs would be a safe treatment method.

Neoantigen DCs would induce the acquisition of immune reaction against neoantigens.
主な結果入力日/Results date posted
2021 12 21
結果掲載遅延/Results Delayed
結果遅延理由/Results Delay Reason

最初の試験結果の出版日/Date of the first journal publication of results
参加者背景/Baseline Characteristics ・本研究の説明を聞いた上で本研究への参加を希望し、且つ適格基準を満たしていた患者20例が本研究に参加した。

・性別は男性11人、女性9人、年齢は32から68歳(中央値51.5歳)。

・原発巣は脳2例、上咽頭1例、乳腺2例、肺1例、胃1例、空腸1例、大腸2例、直腸2例、肝臓1例、胆管1例、膵臓3例、子宮頚部1例、膀胱1例、臀部軟部組織1例

・原発巣に対し手術施行後が15例、放射線治療後が4例。

・本研究前より化学療法が導入されており、本研究中も継続したのが15例。
Patients with solid carcinoma who implemented the inclusion criteria of this study were eligible for enrollment in this prospective study. After patients had received a full explanation according to the protocol, they were requested to provide informed consent to participate in this study.

From August 06, 2018 to August 05, 2021, a total 20 patients were enrolled in this study.

The patient characteristics was as follows: median age, 51.5 (range 32 - 68) years; sex (male: female) = 11: 9; primary lesion (brain, nasopharynx, breast, lung, stomach, jejunum, colon, rectum, liver, biliary duct, pancreas, uterine cervix, bladder, and soft tissue) = 2, 1, 2, 1, 1, 1, 2, 2, 1, 1, 3, 1, 1, and 1, respectively.

Fifteen and 4 patients had undergone surgery and radiotherapy before this study, respectively.

Chemotherapy was concurrently performed in 15 patients while they participated in this study.
参加者の流れ/Participant flow ・ネオアンチゲン樹状細胞療法は、1週間おきに8回実施した。

・主評価項目としての安全性評価は、研究開始前、4回投与後、8回投与後の採血検査、また一般診察にて発熱、倦怠感、食欲不振の有無を確認した。

・副次評価項目としてネオアンチゲンに対する免疫反応の誘導について、投与後48時間後に投与部の皮膚反応を測定した。

・本研究の対象は20例で20例登録したが、1例が術後合併症と化学療法ので毒性に起因すると考えられる感染症で途中死亡で脱落したため、19例が完遂となった。
The 20 patients were vaccinated weekly for 8 times with neoantigen pulsed dendritic cells (neoantigen DCs) plus ex-vivo activated T-cell transfer.

The primary endpoint was to evaluate the safety of neoantigen DCs, which was determined with physical exams and blood tests. Blood tests were performed, before 1st, after 4th, and 8th administration of neoantigen DCs.

The secondary endpoint was to evaluate the acquisition of immune reaction against neoantigens after intradermal administration of neoantigen DCs. It was determined by confirming redness and induration of the skin (Delayed-type hypersensitivity (DTH)) at injection site 48 hours from administration of neoantigen DCs.

One of the 20 patients withdrew after 7th administration.

Remaining 19 patients completed the original protocol.
有害事象/Adverse events ・本研究中に有害事象を認めたのは11例であった。全例化学療法を併用していた。

・Hb値低下8例、血小板数低下1例、AST値上昇2例、直接ビリルビン値上昇1例、食欲不振3例、倦怠感5例であった。うち2例でHb値低下がgrade3であったが、両症例とも本研究開始前より化学療法の有害事象で継続的にHb値が低下し、本研究開始前にgrade2であった。本研究中も化学療法を併用で継続しており、化学療法による有害事象の継続的悪化と考えられ、本研究とは恐らく関連無しと判断した。なお、その他の症例は全てGrade2以下で、かつ本研究とは関連なしと判断した。

・肝細胞癌多発肝内転移の1例で、本研究中にAST、T-Bilがgrade3までの悪化を認めたが、肝臓を占めるように転移巣が増大し肝不全となったため、現疾患の悪化によると考えられた。
Adverse events were observed in 11 patients as follows: adverse events (reduction of hemoglobin, reduction in hemoglobin number, increase in AST level, increase in total bilirubin level, appetite loss, and fatigue) = 8, 1, 2, 1, 3, and 5, respectively. JCOG-CTCAE (v5.0) grade was as follows: grade (1: 2: 3) = 4: 10: 6. All patients with adverse events underwent concurrent chemotherapy. We considered all adverse events were related to drug toxicity of chemotherapy.

One of the 20 patients withdrew after 7th administration because of refractory liver abscess and severe pneumonia which were considered to be a postoperative complication and an adverse event derived from chemotherapy.
評価項目/Outcome measures (主要評価項目)
本研究との関連が否定できないグレード3以上の有害事象が発生した症例は無かった。

(副次評価項目)
19例で最大長径1cm以上皮膚反応が生じた。17例で最大長径が3cm以上で強反応と考えられた。反応が陰性だった一例は、子宮頸癌術後合併症で難治性の骨盤内膿瘍が生じており、同部の感染コントロールが不良であったことが影響した可能性が考えられた。
Concerning the primary endpoint, no adverse events associated to neoantigen DCs were observed.

Concerning the secondary endpoint, DTH was observed in 19 patients whereas it was negative in 1 case with cervical cancer. This patient had intractable pelvic abscess as an adverse after surgery and radiotherapy, and that would prevented DTH.
個別症例データ共有計画/Plan to share IPD

個別症例データ共有計画の詳細/IPD sharing Plan description


試験進捗状況/Progress
試験進捗状況/Recruitment status 試験終了/Completed
プロトコル確定日/Date of protocol fixation
2018 08 06
倫理委員会による承認日/Date of IRB
2018 05 21
登録・組入れ開始(予定)日/Anticipated trial start date
2018 10 01
フォロー終了(予定)日/Last follow-up date
2021 09 10
入力終了(予定)日/Date of closure to data entry
2021 09 10
データ固定(予定)日/Date trial data considered complete
2021 09 10
解析終了(予定)日/Date analysis concluded
2021 09 10

その他/Other
その他関連情報/Other related information 本研究での検査および治療の一部については患者に費用負担が発生する The costs associated with several treatments and examinations in this study shall be borne by each patient.

管理情報/Management information
登録日時/Registered date
2018 11 27
最終更新日/Last modified on
2021 12 21


閲覧ページへのリンク/Link to view the page
URL(日本語) https://center6.umin.ac.jp/cgi-open-bin/ctr/ctr_view.cgi?recptno=R000039932
URL(英語) https://center6.umin.ac.jp/cgi-open-bin/ctr_e/ctr_view.cgi?recptno=R000039932

研究計画書
登録日時 ファイル名

研究症例データ仕様書
登録日時 ファイル名

研究症例データ
登録日時 ファイル名


UMIN臨床試験登録システムのご使用に関するお問い合わせは、こちらのお問い合わせフォーム からお願いいたします。それ以外のお問い合わせは、 こちら よりお願い致します。