UMIN-CTR 臨床試験登録情報の閲覧

BACK TOP
UMIN-CTR ホーム 用語の説明(簡易版) FAQ お問い合わせ

利用者名
UMIN ID

試験進捗状況 主たる結果の公表済み/Main results already published
UMIN試験ID UMIN000029776
受付番号 R000034019
科学的試験名 医療サービス分析システムを活用した、患者のADL向上と看護・介護業務の適正化に向けた実証研究
一般公開日(本登録希望日) 2017/11/01
最終更新日 2017/10/31

※ 本ページ収載の情報は、臨床試験に関する情報公開を目的として、UMINが開設しているUMIN臨床試験登録システムに提供された臨床試験情報です。
※ 特定の医薬品や治療法等については、医療関係者や一般の方に向けて広告することは目的としていません。


基本情報/Basic information
一般向け試験名/Public title 医療サービス分析システムを活用した、患者のADL向上と看護・介護業務の適正化に向けた実証研究 Research for improvement of patients ADL and for rationalization of nursing work by utilizing medical care service analysis system
一般向け試験名略称/Acronym 医療サービス分析システムを活用した、患者のADL向上と看護・介護業務の適正化に向けた実証研究 Research for improvement of patients ADL and for rationalization of nursing work by utilizing medical care service analysis system
科学的試験名/Scientific Title 医療サービス分析システムを活用した、患者のADL向上と看護・介護業務の適正化に向けた実証研究 Research for improvement of patients ADL and for rationalization of nursing work by utilizing medical care service analysis system
科学的試験名略称/Scientific Title:Acronym 医療サービス分析システムを活用した、患者のADL向上と看護・介護業務の適正化に向けた実証研究 Research for improvement of patients ADL and for rationalization of nursing work by utilizing medical care service analysis system
試験実施地域/Region
日本/Japan

対象疾患/Condition
対象疾患名/Condition 患者の入院から退院に至るまでに行っている看護ケアの実態を可視化する。患者のADL向上に向けた看護業務の改善点を明らかにする。業務改善を行い、患者のADL向上を実現する Visualization of our nursing care during patients are in our hospital.
Clarification of what nurse should do to improve patients ADL.
疾患区分1/Classification by specialty
整形外科学/Orthopedics 看護学/Nursing
成人/Adult
疾患区分2/Classification by malignancy 悪性腫瘍以外/Others
ゲノム情報の取扱い/Genomic information いいえ/NO

目的/Objectives
目的1/Narrative objectives1 看護師・介護福祉士・異業種の業務負担を可視化する。そして、病棟における最適な人員配置や円滑なチーム医療を実現する。
病棟業務にかかわる医療スタッフの労働時間の低減と職務満足度の向上を実現する。
By Visualizing workload of nurse, care workers and other medical workers, implement the suitable staff arrangement in the ward and smooth team medical.
Reduce workload of medical workers and improve job satisfaction.
目的2/Basic objectives2 有効性/Efficacy
目的2 -その他詳細/Basic objectives -Others

試験の性質1/Trial characteristics_1
試験の性質2/Trial characteristics_2
試験のフェーズ/Developmental phase

評価/Assessment
主要アウトカム評価項目/Primary outcomes 患者個々に、医療・看護・介護を提供することにより、患者のADLを向上させる。

Improve patients ADL by providing medical, nursing and senior care to patients individually.
副次アウトカム評価項目/Key secondary outcomes 業務の効率化と適正な人員配置、職務満足度の向上により、離職を予防する。
チーム医療の先駆的モデルになる。
Prevent leaving jobs by proper staffing and increasing work productivity, job satisfaction.
Act as a leading model of team medical.

基本事項/Base
試験の種類/Study type 観察/Observational

試験デザイン/Study design
基本デザイン/Basic design
ランダム化/Randomization
ランダム化の単位/Randomization unit
ブラインド化/Blinding
コントロール/Control
層別化/Stratification
動的割付/Dynamic allocation
試験実施施設の考慮/Institution consideration
ブロック化/Blocking
割付コードを知る方法/Concealment

介入/Intervention
群数/No. of arms
介入の目的/Purpose of intervention
介入の種類/Type of intervention
介入1/Interventions/Control_1

介入2/Interventions/Control_2

介入3/Interventions/Control_3

介入4/Interventions/Control_4

介入5/Interventions/Control_5

介入6/Interventions/Control_6

介入7/Interventions/Control_7

介入8/Interventions/Control_8

介入9/Interventions/Control_9

介入10/Interventions/Control_10


適格性/Eligibility
年齢(下限)/Age-lower limit
20 歳/years-old 以上/<=
年齢(上限)/Age-upper limit

適用なし/Not applicable
性別/Gender 男女両方/Male and Female
選択基準/Key inclusion criteria 整形外科病棟・地域包括ケア病棟に入院中の患者 The nursing staff and the rehabilitation staff who concern an orthopedic ward and a patient during area inclusion care ward hospitalization
除外基準/Key exclusion criteria 測定期間外の入院患者 Inpatient in measurement period outside
目標参加者数/Target sample size 80

責任研究者/Research contact person
責任研究者/Name of lead principal investigator

ミドルネーム
嘉茂すみ代

ミドルネーム
Sumiyo Kamo
所属組織/Organization 公益財団法人日産厚生会玉川病院 Foundation of public interests Nissan Tanagawa hospital
所属部署/Division name 看護部 Department of Nursing
郵便番号/Zip code
住所/Address 東京都世田谷区瀬田4-8-1 Setagaya-ku Seta 4-8-1, Tokyo
電話/TEL 03-3700-1151
Email/Email tama-genki@tamagawa-hosp.jp

試験問い合わせ窓口/Public contact
試験問い合わせ窓口担当者/Name of contact person

ミドルネーム
嘉茂すみ代

ミドルネーム
Sumiyo Kamo
組織名/Organization 公益財団法人日産厚生会玉川病院 Foundation of public interests Nissan Tanagawa hospital
部署名/Division name 看護部 Department of Nursing
郵便番号/Zip code
住所/Address 東京都世田谷区瀬田4-8-1 Setagaya-ku Seta 4-8-1, Tokyo
電話/TEL 03-3700-1151
試験のホームページURL/Homepage URL https://www.tamagawa-hosp.jp/aboutus/
Email/Email tama-genki@tamagawa-hosp.jp

実施責任組織/Sponsor
機関名/Institute その他 Foundation of public interests Nissan Tanagawa hospital
機関名/Institute
(機関選択不可の場合)
公益財団法人日産厚生会玉川病院
部署名/Department 看護部

研究費提供組織/Funding Source
機関名/Organization その他 National Institute of Information and Communications Technology
機関名/Organization
(機関選択不可の場合)
国立研究開発法人情報通信研究機構
組織名/Division
組織の区分/Category of Funding Organization 日本の官庁/Japanese Governmental office
研究費拠出国/Nationality of Funding Organization 日本 Japan

その他の関連組織/Other related organizations
共同実施組織/Co-sponsor 株式会社シーイー・フォックス Corporation CeFOX
その他の研究費提供組織/Name of secondary funder(s)


IRB等連絡先(公開)/IRB Contact (For public release)
組織名/Organization

住所/Address

電話/Tel
Email/Email

他機関から発行された試験ID/Secondary IDs
他機関から発行された試験ID/Secondary IDs いいえ/NO
試験ID1/Study ID_1
ID発行機関1/Org. issuing International ID_1

試験ID2/Study ID_2
ID発行機関2/Org. issuing International ID_2

治験届/IND to MHLW

試験実施施設/Institutions
試験実施施設名称/Institutions

その他の管理情報/Other administrative information
一般公開日(本登録希望日)/Date of disclosure of the study information
2017 11 01

関連情報/Related information
プロトコル掲載URL/URL releasing protocol
試験結果の公開状況/Publication of results 未公表/Unpublished

結果/Result
結果掲載URL/URL related to results and publications
組み入れ参加者数/Number of participants that the trial has enrolled
主な結果/Results

主な結果入力日/Results date posted
結果掲載遅延/Results Delayed
結果遅延理由/Results Delay Reason

最初の試験結果の出版日/Date of the first journal publication of results
参加者背景/Baseline Characteristics

参加者の流れ/Participant flow

有害事象/Adverse events

評価項目/Outcome measures

個別症例データ共有計画/Plan to share IPD

個別症例データ共有計画の詳細/IPD sharing Plan description


試験進捗状況/Progress
試験進捗状況/Recruitment status 主たる結果の公表済み/Main results already published
プロトコル確定日/Date of protocol fixation
2017 06 16
倫理委員会による承認日/Date of IRB
登録・組入れ開始(予定)日/Anticipated trial start date
2017 11 01
フォロー終了(予定)日/Last follow-up date
入力終了(予定)日/Date of closure to data entry
データ固定(予定)日/Date trial data considered complete
解析終了(予定)日/Date analysis concluded

その他/Other
その他関連情報/Other related information 1対象病棟と対象者
対象病棟:整形外科病棟・地域包括ケア病棟
対象者:当該病棟に勤務する全職員
   当該病棟に入院する患者(研究機関に入院
してくる患者全員)
2上記対象者に対して、本研究の参加にあたり十分な説明を実施した後、本人または代諾者の自由意思による文書同意が得られた者を対象とする。また、患者については、本人の同意が無理な場合、及びご本人が20歳未満の場合は代諾者に説明し同意を得る
3 研究期間
①2017.12~2018.1
②2018年どの2か月間
4 目標症例数 
整形外科病棟及び地域包括ケア病棟に勤務する看護師、看護補助者、理学療法士、作業療法士を対象に、測定期間に勤務する全職員
対象となる病棟に入院する患者:約100名/月
5 医療業務の測定方法 
 医療スタッフの行動測定
 :整形外科病棟・地域包括ケア病棟に関わる看護師・看護補助者・理学療法士・作業療法士が、iPod touch(1台/人)を携帯し、通常通りの勤務を行う。なお、測定は、平日・土日・祝日、日勤・夜勤の24時間・全業務を測定する(→毎日、24時間)。

6医療スタッフの位置情報の収集 
 医療スタッフの位置応報を把握するために、iPod touchと通信を行うBLEビーコンを整形外科病棟・地域包括ケア病棟全体に設置する。特に、病室については、各ベッドに2~3台のBLEビーコンを設置することで、看護師が患者にケアしていることが把握できる。1病棟あたりビーコンを200~300
台設置する。
さらに、スタッフステーションやカンファレンスルームなどにも本機材を設置し、電子カルテ入力・閲覧などの事務業務に要した時間を測定する。

7 看護師が実施した業務の特定
 看護師・看護所補助者は、日々の実施した業務をiPod touchに入力する。入力する看護業務は、日本看護協会が提示している115項目である。

1 Subjects
All the medical workers working in the wards above
Nurse assistants care workers physical therapists and occupational therapists
All the patients coming in the wards above d only patients or their deputies and the staffs who agree to be a subject after we explain the aim of our research
If the patient is intellectually difficult to agree or under 20 years old we explain to their deputies and get agreement
2 Research periods
2017/12-2018/1
2 months in fiscal 2018
3 Target number of subjects
All the medical workers who work in the subject wards during the research periods
100 patients each month those who enter the
subject wards
4 Way to measure medical work
Way to measure the action of medical workers
Every day and every night during the research periods all the nurses nurse assistants care workers physical therapists and occupational therapists working at orthopedic surgery ward and regional comprehensive care ward carry iPod touch with them and work as usual and measure all actions every 24 hours
5 Getting information where the staffs are
We set beacons which communicate with the iPod touch all over the subject ward and get information where the medical workers area By setting 2or3 beacons in each bed we can know that the nurses are giving nursing care to the patient We are going to set 200-300 beacons in each wards By setting BLE beacons in staffstation and conference room we can measure how long they were occupying themselves with looking or entering electric medical records
6 Identifying which nursing services nurses and nurse assistants has done
Nurses and nurse assistants input nursingservices they done in iPod touch
Nursing services they can input are indicated by Japan nursing association 115 nursingservices are indicated


管理情報/Management information
登録日時/Registered date
2017 10 31
最終更新日/Last modified on
2017 10 31


閲覧ページへのリンク/Link to view the page
URL(日本語) https://center6.umin.ac.jp/cgi-open-bin/ctr/ctr_view.cgi?recptno=R000034019
URL(英語) https://center6.umin.ac.jp/cgi-open-bin/ctr_e/ctr_view.cgi?recptno=R000034019

研究計画書
登録日時 ファイル名

研究症例データ仕様書
登録日時 ファイル名

研究症例データ
登録日時 ファイル名


UMIN臨床試験登録システムのご使用に関するお問い合わせは、こちらのお問い合わせフォーム からお願いいたします。それ以外のお問い合わせは、 こちら よりお願い致します。