UMIN-CTR 臨床試験登録情報の閲覧

BACK TOP
UMIN-CTR ホーム 用語の説明(簡易版) 用語の説明(詳細版)--準備中 FAQ

利用者名:
UMIN ID:

試験進捗状況 試験終了/Completed
UMIN試験ID UMIN000007821
受付番号 R000002307
科学的試験名 眼内悪性リンパ腫の診断と治療に関する前向き試験
一般公開日(本登録希望日) 2012/04/23
最終更新日 2021/05/14

※ 本ページ収載の情報は、臨床試験に関する情報公開を目的として、UMINが開設しているUMIN臨床試験登録システムに提供された臨床試験情報です。
※ 特定の医薬品や治療法等については、医療関係者や一般の方に向けて広告することは目的としていません。


基本情報/Basic information
一般向け試験名/Public title 眼内悪性リンパ腫の診断と治療に関する前向き試験 A Prospective Study of Diagnosis and Therapeutics in Intraocular Malignant Lymphoma
一般向け試験名略称/Acronym 眼内悪性リンパ腫の診断と治療に関する前向き試験 A Prospective Study of Diagnosis and Therapeutics in Intraocular Malignant Lymphoma
科学的試験名/Scientific Title 眼内悪性リンパ腫の診断と治療に関する前向き試験 A Prospective Study of Diagnosis and Therapeutics in Intraocular Malignant Lymphoma
科学的試験名略称/Scientific Title:Acronym 眼内悪性リンパ腫の診断と治療に関する前向き試験 A Prospective Study of Diagnosis and Therapeutics in Intraocular Malignant Lymphoma
試験実施地域/Region
日本/Japan

対象疾患/Condition
対象疾患名/Condition 眼内悪性リンパ腫が疑われたぶどう膜炎 Uveitis suspected as Intraocular Malignant Lymphoma
疾患区分1/Classification by specialty
血液・腫瘍内科学/Hematology and clinical oncology 眼科学/Ophthalmology
放射線医学/Radiology
疾患区分2/Classification by malignancy 悪性腫瘍/Malignancy
ゲノム情報の取扱い/Genomic information いいえ/NO

目的/Objectives
目的1/Narrative objectives1 眼内悪性リンパ腫が疑われたぶどう膜炎が疑われたぶどう膜炎症例に対し、硝子体手術を行い、我々が定めた診断基準で眼内悪性リンパ腫かどうかを判定する。その後経過観察を行い、診断の正当性を検証する 1) We perform vitrectomy to obtain the vitreous samples of uveitis suspected as intraocular malignant lymphoma (IOL), and determine the diagnosis of IOL according to the diagnostic criteria we determined. By following-up the cases, we evaluate the accuracy of the diagnostic criteria.
目的2/Basic objectives2 その他/Others
目的2 -その他詳細/Basic objectives -Others 眼内悪性リンパ腫と診断された症例に対し、我々が定めた治療指針に従って治療(メトトレキサート眼内注射、全身化学療法、低線量全脳照射(23.4Gy))を行い、予後を前向きに検討する。 2) We perform the treatments (intraocular methotrexate injections, systemic chemotherapy and low-dose whole brain radiation therapy (23.4Gy)) according to the treatment protocol we determined. By following-up the cases, we evaluate the efficacy of the protocol prospectively.
試験の性質1/Trial characteristics_1 検証的/Confirmatory
試験の性質2/Trial characteristics_2 実務的/Pragmatic
試験のフェーズ/Developmental phase 該当せず/Not applicable

評価/Assessment
主要アウトカム評価項目/Primary outcomes 我々が定めた診断基準での眼内悪性リンパ腫の診断率,局所(眼内)再発率、全身再発率、生存率、非進行生存率 Diagnostic efficacy (sensitivity) of the diagnostic criteria
Local recurrence ratio, systemic recurrence ratio, overall survival, progression-free survival
副次アウトカム評価項目/Key secondary outcomes 細胞診のクラス分類、硝子体中IL-10・IL-6濃度、硝子体細胞のIgHモノクローナリティー、最終視力,全身播種の場所、再発までの期間
Classification of the papanicolaou staing of the vitrecous specimens, concentration of IL10/IL-6 of vitreous samples, IgH monoclonarity, final visual acuity, site of systemic dissemination, term during therapy and recurrence

基本事項/Base
試験の種類/Study type 介入/Interventional

試験デザイン/Study design
基本デザイン/Basic design 並行群間比較/Parallel
ランダム化/Randomization 非ランダム化/Non-randomized
ランダム化の単位/Randomization unit
ブラインド化/Blinding オープン/Open -no one is blinded
コントロール/Control 実薬・標準治療対照/Active
層別化/Stratification
動的割付/Dynamic allocation
試験実施施設の考慮/Institution consideration
ブロック化/Blocking
割付コードを知る方法/Concealment

介入/Intervention
群数/No. of arms 4
介入の目的/Purpose of intervention 治療・ケア/Treatment
介入の種類/Type of intervention
医薬品/Medicine その他/Other
介入1/Interventions/Control_1 全身にリンパ腫を認めない初発の眼内悪性リンパ腫の場合
MTX局所注入療法+R-MPV療法5コース+全脳照射(23.4Gy)
その詳細は以下の通りである。
①メトトレキサート硝子体注射(0.4mg)10回(1週間毎8回、1ヵ月毎2回) 
②全身化学療法(R-MVP療法)5 コース
R-MVP療法1コースの内容は下記のとおり
・1日目:リツキシマブ375mg/m2
・1~7日目:プロカルバジン100mg/m2(奇数週)
・2日目:メトトレキサート3.5g/m2
・2日目:ビンクリスチン1.4mg/m2(最大2mgまで)
これを1コースとし、2-3週間ごとに繰り返し5コースを施行する。
③全脳照射:23.4Gy
④全身化学療法(High dose Ara C 2コース)
シタラビン 3 g/m2/day (最大6gまで)
1)Primary Intraocular lymphoma (IOL) only with primary systemic malignant lymphoma (ML): intravitreal injection of 0.4mg of MTX(totally 10times, once a week for 2 months and once a month for 2 months)+ R-MPV therapy (1st day:rituximab 375mg/m2, 2nd day: oncovin 1.4mg/m2 (maximum 2mg)+MTX 3.5g/m2, 1-7day: procarbazine 100mg/m2 (odd number course only)) 5-7 course + whole-brain radiotherapy (totally 23.4 Gy) + High dose Ara C therapy 2 course (High dose cytarabine 3 g/m2/day (maximum daily dose 6g) for 2 days).
Systemic chemotherapy will be performed repeatedly 5 courses, one course in every 2 or 3 weeks.
介入2/Interventions/Control_2 初発の眼内悪性リンパ腫+初発の中枢性悪性リンパ腫の場合:
MTX局所注入療法+ R-MPV療法+5~7コース+全脳照射(30-45Gy)
その詳細は以下の通りである。
①メトトレキサート硝子体注射(0.4mg)10回(1週間毎8回、1ヵ月毎2回) 
②全身化学療法(R-MVP療法)5-7 コース
R-MVP療法1コースの内容は下記のとおり
・1日目:リツキシマブ375mg/m2
・1~7日目:プロカルバジン100mg/m2(奇数週)
・2日目:メトトレキサート3.5g/m2
・2日目:ビンクリスチン1.4mg/m2(最大2mgまで)
これを1コースとし、2-3週間ごとに繰り返し5コースを施行する。
③全脳照射23.4 - 45Gy
④全身化学療法(High dose Ara C 2コース)
シタラビン 3 g/m2/day (最大6gまで)

2)Primary Intraocular lymphoma (IOL) with primary systemic malignant lymphoma (ML): intravitreal injection of 0.4mg of MTX(totally 10times, once a week for 2 months and once a month for 2 months)+ R-MPV therapy (1st day:rituximab 375mg/m2, 2nd day: oncovin 1.4mg/m2 (maximum 2mg)+MTX 3.5g/m2, 1-7day: procarbazine 100mg/m2 (odd number course only)) 5-7 course + whole-brain radiotherapy (totally 23.4-45 Gy) + High dose Ara C therapy 2 course (High dose cytarabine 3 g/m2/day (maximum daily dose 6g) for 2 days).
Systemic chemotherapy will be performed repeatedly 5 courses, one course in every 2 or 3 weeks.
介入3/Interventions/Control_3 眼内悪性リンパ腫の再発症例で眼病変のみの場合.
メトトレキサート硝子体注射(0.4mg)10回(1週間毎8回、1ヵ月毎2回)のみ
In cases of recurrence of intraocular lymphoma without systemic lymphoma:
intravitreal injection of 0.4mg of MTX (totally 10 times, once a week for 2 months and once a month for 2 months) only.
介入4/Interventions/Control_4 眼病変を認めるが、全身悪性リンパ腫の既往歴のある場合、または他臓器にも病変を認める場合:
①メトトレキサート硝子体注射(0.4mg)10回(1週間毎8回、1ヵ月毎2回)
②全身化学療法
③放射線治療
④(幹細胞移植も検討する。化学療法の内容は規定しない。)
In cases of intraocular lymphoma with systemic lymphoma or with the previous history of systemic lymphoma:
Local injection of MTX (totally 10 times, once a week for 2 months and once a month for 2 months, systemic chemotherapy, irradiation (Stem cell transplantation should be considered. Contents of chemotherapy are not specified.)
介入5/Interventions/Control_5

介入6/Interventions/Control_6

介入7/Interventions/Control_7

介入8/Interventions/Control_8

介入9/Interventions/Control_9

介入10/Interventions/Control_10


適格性/Eligibility
年齢(下限)/Age-lower limit
20 歳/years-old 以上/<=
年齢(上限)/Age-upper limit
80 歳/years-old 以下/>=
性別/Gender 男女両方/Male and Female
選択基準/Key inclusion criteria 1) ぶどう膜炎があり、眼内悪性リンパ腫が疑われ、診断目的で硝子体生検を施行した症例。
2) 眼内悪性リンパ腫の診断基準は以下の通りとする。
①硝子体液の細胞診(クラス5) 3点
         (クラス4) 2点
         (クラス3) 1点
②IL-10/ILー-6(>1)またはIL-10 > 50pg/ml  2点
③IgHモノクローナリティ    2点
④FACS(κ、λの偏移)     2点
⑤眼内悪性リンパ腫に特徴的な眼底所見(オーロラ状硝子体混濁あるいは斑状の網膜下細胞浸潤(しばしば漿液性網膜剥離を伴う))がある。   1点
⑥以前に眼内あるいは他臓器において悪性リンパ腫が組織診断。    1点
以上6項目の合計が4点以上を眼内悪性リンパ腫と診断する。
3) 治療プロトコールの適応基準:Ccr>50
Age: 20-75 years old
Selection criteria
1) cases with uveal inflammation, which is suspected as intraocular malignant lymphoma, and vitreous biopsy was done for diagnostic purposes.
2) Diagnostic criteria for intraocular lymphoma is as follows.
(a) the vitreous fluid cytology
(class 5) 3 points
(Class 4) 2 points
(Class 3) 1 point
(b) IL-10/IL-6 (>1) or IL-10> 50pg/ml) 2 points
(c) IgH monoclonality 2 points
(d) FACS (distribution of kappa and lambda) 2 points
(e) funduscopic findings that are characteristic of intraocular lymphoma (the aurora-like vitreous opacity or patchy cell infiltration of the retina (often with serous retinal detachment)). 1 point
(f) the pathological diagnosis of malignant lymphoma of the eye or other organs before. 1 point
If the sum of these 6 items is more than 4 points, we diagnose intraocular lymphoma.
3) adaptation of the treatment protocol: Ccr> 50
除外基準/Key exclusion criteria Performance status 4を除く Except for performance status 4
目標参加者数/Target sample size 150

責任研究者/Research contact person
責任研究者/Name of lead principal investigator
理恵
ミドルネーム
田中
RIE
ミドルネーム
TANAKA
所属組織/Organization 東京大学附属病院 University of Tokyo Hospital
所属部署/Division name 眼科 Ophthalmology
郵便番号/Zip code 113-8655
住所/Address 東京都文京区本郷7-3-1 7-3-1, Hongo, Bunkyo-ku, Tokyo, 113-8655, Japan
電話/TEL 03-3815-5411
Email/Email rtanaka-ymn@umin.ac.jp

試験問い合わせ窓口/Public contact
試験問い合わせ窓口担当者/Name of contact person
理恵
ミドルネーム
田中
RIE
ミドルネーム
TANAKA
組織名/Organization 東京大学附属病院 University of Tokyo Hospital
部署名/Division name 眼科 Ophthalmology
郵便番号/Zip code 113-8655
住所/Address 113-8655 東京都文京区本郷7-3-1 7-3-1, Hongo, Bunkyo-ku, Tokyo, 113-8655, Japan
電話/TEL 03-3815-5411
試験のホームページURL/Homepage URL
Email/Email rtanaka-ymn@umin.ac.jp

実施責任組織/Sponsor
機関名/Institute 東京大学 Deportment of Ophthalmology, University of Tokyo Hospital
機関名/Institute
(機関選択不可の場合)
東京大学附属病院眼科
部署名/Department

研究費提供組織/Funding Source
機関名/Organization 東京大学 Deportment of Ophthalmology, University of Tokyo Hospital
機関名/Organization
(機関選択不可の場合)
東京大学附属病院眼科
組織名/Division
組織の区分/Category of Funding Organization 自己調達/Self funding
研究費拠出国/Nationality of Funding Organization 日本 Japan

その他の関連組織/Other related organizations
共同実施組織/Co-sponsor 癌研有明病院 Cancer institute hospital of Japanese Foundation For Cancer Research
その他の研究費提供組織/Name of secondary funder(s)


IRB等連絡先(公開)/IRB Contact (For public release)
組織名/Organization 東京大学医学部研究倫理委員会 The Research Ethics Committee of the Graduate School of Medicine and Faculty of Medicine at The University of Tokyo
住所/Address 東京都文京区本郷7-3-1 7-3-1, Hongo, Bunkyo-ku, Tokyo, 113-8655, Japan
電話/Tel 03-5841-0818
Email/Email ethics@m.u-tokyo.ac.jp

他機関から発行された試験ID/Secondary IDs
他機関から発行された試験ID/Secondary IDs いいえ/NO
試験ID1/Study ID_1
ID発行機関1/Org. issuing International ID_1

試験ID2/Study ID_2
ID発行機関2/Org. issuing International ID_2

治験届/IND to MHLW

試験実施施設/Institutions
試験実施施設名称/Institutions 東京大学付属病院眼科(東京都)

その他の管理情報/Other administrative information
一般公開日(本登録希望日)/Date of disclosure of the study information
2012 04 23

関連情報/Related information
プロトコル掲載URL/URL releasing protocol
試験結果の公開状況/Publication of results 最終結果が公表されている/Published

結果/Result
結果掲載URL/URL related to results and publications https://onlinelibrary.wiley.com/doi/full/10.1111/bjh.14848
組み入れ参加者数/Number of participants that the trial has enrolled 17
主な結果/Results 17人の患者が開始し、16人がプロトコル処置を完了した。 4年間のPFSは74.9%であり、4年間のOSは86.3%であった。脳脊髄関与のない11例のうち1例は脳脊髄再発および3例の眼内再発があり、4年PFSは72.7%であり、4年のOSは88.9%であった。 認知症または白質脳症の臨床症状を発症した患者はいなかった。 B細胞原発性IOLに対する硝子体化学療法、予防的全身化学療法およびrdWBRTの組み合わせは、神経認知機能を損なうことなく、脳脊髄の再発率を低下させ、4年間のPFS、OSを改善する可能性を示した。(Kaburaki T, Br J Haematol. 2017)



17 patients initiated and 16 completed the treatment. CNS relapse occurred in 2 and intraocular relapse in 3. 4-year PFS was 74.9% and 4-year OS was 86.3%. Of 11 patients without CNS involvement, 1 had CNS relapse and 3 intraocular relapse, and 4-year PFS was 72.7% and 4-year OS was 88.9%. No patients developed dementia/leukoencephalopathy. The combination of intravitreal chemotherapy, systemic chemotherapy and rdWBRT for B-cell PIOL showed a potential to reduce CNS relapse and improved 4-year PFS and OS.
主な結果入力日/Results date posted
2020 05 09
結果掲載遅延/Results Delayed
結果遅延理由/Results Delay Reason

最初の試験結果の出版日/Date of the first journal publication of results
参加者背景/Baseline Characteristics

参加者の流れ/Participant flow

有害事象/Adverse events

評価項目/Outcome measures

個別症例データ共有計画/Plan to share IPD

個別症例データ共有計画の詳細/IPD sharing Plan description


試験進捗状況/Progress
試験進捗状況/Recruitment status 試験終了/Completed
プロトコル確定日/Date of protocol fixation
2009 01 01
倫理委員会による承認日/Date of IRB
2008 11 21
登録・組入れ開始(予定)日/Anticipated trial start date
2009 01 01
フォロー終了(予定)日/Last follow-up date
2023 11 21
入力終了(予定)日/Date of closure to data entry
データ固定(予定)日/Date trial data considered complete
解析終了(予定)日/Date analysis concluded

その他/Other
その他関連情報/Other related information Kaburaki T, Taoka K, Matsuda J, Yamashita H, Matsuda I, Tsuji H, Tanaka R, Nakazaki K, Nakamura F, Kamiya K, Kurokawa M, Ohtomo K, Aihara M. Combined intravitreal methotrexate and immunochemotherapy followed by reduced-dose whole-brain radiotherapy for newly diagnosed B-cell primary intraocular lymphoma. Br J Haematol. 2017 Oct;179(2):246-255. doi: 10.1111/bjh.14848. Kaburaki T, Taoka K, Matsuda J, Yamashita H, Matsuda I, Tsuji H, Tanaka R, Nakazaki K, Nakamura F, Kamiya K, Kurokawa M, Ohtomo K, Aihara M. Combined intravitreal methotrexate and immunochemotherapy followed by reduced-dose whole-brain radiotherapy for newly diagnosed B-cell primary intraocular lymphoma. Br J Haematol. 2017 Oct;179(2):246-255. doi: 10.1111/bjh.14848.

管理情報/Management information
登録日時/Registered date
2012 04 23
最終更新日/Last modified on
2021 05 14


閲覧ページへのリンク/Link to view the page
URL(日本語) https://center6.umin.ac.jp/cgi-open-bin/ctr/ctr_view.cgi?recptno=R000002307
URL(英語) https://center6.umin.ac.jp/cgi-open-bin/ctr_e/ctr_view.cgi?recptno=R000002307

研究計画書
登録日時 ファイル名

研究症例データ仕様書
登録日時 ファイル名

研究症例データ
登録日時 ファイル名


UMIN臨床試験登録システムのご使用に関するお問い合わせは、こちらのお問い合わせフォーム からお願いいたします。それ以外のお問い合わせは、 こちら よりお願い致します。